Real Licca's House
の文化        

文化を嗜むことは 
  暮らしに彩りを与えること
日本茶の美味しい淹れ方のポイントの一つは温度である

日本茶は淹れるお茶の種類によって、適温があります。このほか、茶葉の量、お湯の量、浸出時間、これらに少し留意することで美味しいお茶が淹れられます
日常の生活に根付く文化に目を向け、丁寧に暮らす

 あなたの佇まいの基本になっているものの一つに文化があります。育った環境が時になじみ、癒しの空間になります。

 例えばお味噌汁を飲んだ時のホっとする感じ、日本茶が日常にある感じです。文化というと難しく考えがちですが、LicAlorでは伝統芸術というよりも、むしろ日常の生活に根付く文化に目を向け、丁寧に暮らすこと、自然や四季が織りなす年中行事などにふれることが、瞑想やマインドフルネス、自分を慈しむことへのきっかけだと考えています。

 日常の中でどんなふうに文化を楽しむのか、日本茶インストラクターでもある[リアルりか]が、和の文化とともに心地よく、時に美味しく、時にお子さんとの会話に役に立つようなトピックスなど、和の文化のブログでご紹介していきます。

→あべりかのつぶやき
「Rikaritual(リカ・リチュアル)」へ





※美味しい日本茶の淹れ方を学びたい方は単発のレッスンで承ります。


百貨店の催事、日本茶を使ったコーディネイトなど、
イベントに合わせてのご提案が可能です。お問い合わせください。

※LicAlorの各コースは、基本的に全てオンライン(skypeなど)で行っています。そのため、受ける方の環境にwi-fi等の通信環境があることが必須です。オンラインソフトに関しましてはご相談ください。
和の文化に関する資格と実績
・日本マナー・プロトコール協会アソシエイトパートナー
・日本マナー・プロトコール協会 1級
・日本茶インストラクター

■実 績
都内有名百貨店 日本茶催事 高級玉露ブース
・イメージデザイン・ディスプレイ監修
・接遇マニュアル作成 およびスタッフトレーニング
都内ホテル 「日本のおもてなし」に関する研修
■教育関連
都内・関西有名私立中学校・高校 「ホームステイ先での日本茶の淹れ方」講座 実施多数
テキスト監修協力:「ホームステイ先での日本茶の淹れ方」マニュアル
(農林水産省補助事業 某協議会作成)